不登校サポート 施設や団体

不登校問題の解決サポートを目的とした施設や団体の内容

不登校の生徒に対してはご家庭での対処にはおのずと限界があるもので、万策は尽きたと困っている親御さんも多いかと思います。

 

そうした時には外部の専門家に依頼するというのが最善の策で、不登校に関する団体や施設は様々ありますのでより効果的なサポートが期待できます。

地域の支援団体に相談

 

こうした団体や施設には、

  • 市区町村の役所や教育機関が設置しているケース
  • 民間支援団体が業務を行っているケース
  • または学校が扶助を行っているケース

もありますので選択肢は様々あるといえます。

 

ではこうした所では具体的にどのようなサポートを受けることができるのでしょうか。

 

施設や団体のサポート内容

サポートの内容はそれぞれの団体で異なってくるところですが、親と子供の双方に相談を受けたり話を聞いてもらうことができて、子供に対しては自宅まで専門職員が出張して対話やカウンセリングを行おうとします。

 

徐々に慣れてきたら

徐々に対話が進み互いが打ち解けてくるようになったら、フリースペースや教室などの施設を設けている場合にはそちらに登校して、集団生活に慣れたり遅れていた学習を行うようになります。

 

ここでは集団生活におけるコミュニケーションのとり方などを学ぶことができますので、実際に社会に復帰してからの生活に大きく役立てることができます。

 

また学業以外にも就業支援を行う場合もあり、関連店舗でトレーニングを受けながら働くこととはどのようなことなのかを実体験で学ぶことができます。

 

それ以外では全寮制の施設もあり、不登校の生徒によくある乱れた生活習慣を送る子供が規則ただしい生活を学び、しっかり身につけることができます。

どうやって施設を探す?どう相談する?

子供の不登校に関する相談をしたい場合に相談窓口はどこにあり
またどうやって話を持ち込めば良いのでしょうか。

 

国の不登校サポート機関

サポート期間

まず国の機関の場合は、

  • 厚生労働省の児童相談所全国共通ダイヤル
  • 文部科学省の24時間いじめ相談ダイヤル
  • 法務省の子供人権110番・インターネット人権相談窓口
  • 警察庁の匿名通報ダイヤル

などが挙げられます。

 

子供が不登校にいたる原因を考えたときに、自身の問題以外にも環境が大きく影響している場合もありますので、原因にあわせて連絡を入れる先も変わってくることになります。

 

 

たとえば学校に行かない原因としてクラスメートによりいじめがあった場合

 

軽度のいじめと犯罪を伴ういじめであれば連絡先は異なることになり、明らかな犯罪と考えられる場合には警察に連絡したほうが良いといえます。

 

ひきこもりの場合

また引きこもりがあった場合には、厚生労働省の引きこもり地域支援センターや、または発達障害などが絡んだ場合には発達障害者支援センターなども連絡先として挙げられます。

 

地方自治体では

さらに地方自治体に目を向けると市区町村の役所にもそれぞれ対応部署が設けられており
福祉関係、教育委員会、それぞれの学校の相談窓口などもあります。

 

細かなケアやサポートをお願いしたい場合には不登校について専門に扱う各種民間支援団体もあり、こちらでは全寮制で生活を根本から見直すことができる場合もあります。

 

こうした連絡窓口はインターネットで検索をかければ簡単に電話番号が見つかりますので早めに連絡してみましょう。

 

関連ページ:子供の悩みと横浜市の不登校対策