非行 不登校から学校へ通うようになるには

非行に走ってしまい不登校の子が学校に通うようになるには?

子供が非行に走ることで不登校となるということは
昭和の時代より繰り返し行われてきたことだといえます。

 

以前にあったツッパリブームのような風潮は社会全体として無くなってきたものの、

 

中学に入ることから学習への意欲をまったく失い、当初は校内で乱暴を働いたりしていたものの、
学校自体に来なくなり夜遊びを繰り返すようにもなるのです。

 

なぜ学習を拒否し荒れた生活や暴力的になるのか

 

不登校の原因とは?

不登校,学校,通う,非行

そもそもの原因としては様々考えられ、家庭の問題が影響したり、友人間のトラブルが短所になったり、または勉強が徐々についていかなくなり諦めてしまうということもあります。

 

また元より粗野で人への嫌がらせ暴力を平気で行い、

 

指導が効かずエスカレートする中で学校に来なくなるケースもあるのですが、
非行に走り不登校になった生徒が再び学校に通うためにはなにが必要な事となるのでしょうか。

 

元より暴力的な傾向が強いケースは除いて、

 

非行に走る生徒の中には悩みを抱えてそのはけ口として暴力や夜遊びなどを興じていますので、
元の悩みは何であるのか話を聞いてみるということがまず第一歩となります。

 

  • プライドを守るため
  • 勉強の遅れから逃げるため
  • 親の不仲が嫌で

 

人により抱えている原因は異なりますが、

 

周囲の大人が徐々に打ち解ける中で話を聞きだしてあげることが
不登校の方がまた通うために必要な事といえます。

 

もちろん原因を改善できるのであればより良いのですが、
それが難しくても弱音を吐くことができる場を作ってあげるだけでも

 

当人には大きな一歩となり、いずれは非行から足を荒い不登校を解消することができますので、
話を聞くだけというのでも学校に通うために必要な事といえます。