母親 父親 不登校対策

子供が不登校を克服するために母親ができる対策とは?

母親と父親の不登校対応

学校に行かない不登校の子供に対して、母親はどのような働きかけをすれば良いのでしょうか。

 

まずよくあるパターンとしては、学校に行かないことを一方的に悪い事だと決め付け子供をしかり、学校への登校を強制する場合が挙げられます。

 

これは不登校の段階に入る前にも、学校に行きたくないと少しぐずった際に叱り付ける場合もあるのですが、本来その前にまずやるべきことがあるといえます。

 

そもそも学校は友達もいて楽しくコミュニケーションが取れる場所なのに、それを嫌がるというのには何かしらの大きな原因があると考えられます。

 

落ち着いて子供の話を聞く事

何が原因で学校に行きたくないのか悩みを解決させてあげるのがまず優先となりますので、落ち着いて理由を聞き出し解決策を導き出すよう働きかけることが非常に重要だといえます。

 

また頭ごなしに叱り付けるというのは特に父親にあるケースですが、これは家庭内の役割分担で剛柔を使い分けるための手段ともいえます。

 

しかし、こうした問題においてもやはり母親の役割は一貫させたほうが良いといえますので、
優しい態度で子供が落ち着くように働きかけるということが大切になるのです。

 

問題を抱える子供は大人が考えている以上に大きなストレスを抱えており、学校に通いたくないと言い出した時点ですでにそのストレスが小さな噴火を起こしていることになります

 

ストレスは心を蝕むだけでなく成長期の体にも影響を及ぼすこともありますので、不登校を解消し学校に通わせるという目的はやや遠くにおいて、まずは目の前で悩む子供をしっかり抱きとめてあげるということが母親として大切なのです。


では父親の役割は?

不登校から学校に通えるようになるには,母親,父親

不登校の生徒がいるご家庭では、やはり家族が一丸となり対応にあたるということが非常に重要となります。

 

とりわけ父親は子供を学校に行かせるために何が必要な事となるのでしょうか。

 

父親として何をすべきか?

まずポイントとなってくるのは関心を持ちしっかり家庭を顧みるということが挙げられます。

 

仕事で忙しい方の場合は母親に教育に関することを任せきりにしてしまうケースは多く、また自分はそうではないといわれる方がいたとしても子供が学校に行かないという現実がある以上はやはり関与の度合いが薄すぎたといえるのです。

  • 息子や娘さんの親友の名前を挙げられますか?
  • 好きな教科や不得意な教科はわかりますか?
  • どのような悩みを抱えているかわかりますか?

 

コミュニケーションのチャンス

こうした質問に答えられない方も非常に多く、まずはこれを機会にコミュニケーションを意識して行うということが学校に行かせるために父親が必要な事といえます。

 

ただ不登校が始まってすぐコミュニケーションを増やすなどいきなり態度を変えてしまうのは子供に見透かされてしまうこともありますので、

 

タイミングやバランスはしっかり見ていかなければなりません。

 

悩む子供の話を聞く

さらに不登校の子供を学校に行かせるために父親が必要な事としては、相手の話を聞き、悩みを知り、希望を聞き、いずれもしっかり把握した上で問題解決の糸口を提示することが大切となります。

 

こちらが一方的に押し付けた解決法は本人が嫌がることも考えられます。

 

お互いに話ししっかり説明する中で解決に向けて引っ張っていくことが父親の大きな役割だといえます。

 

関連:親や兄弟に相談する時の注意点

 

不登校原因究明所トップへ