不登校から学校に通えるようになるには

不登校から学校へ通えるようになるには?

不登校から学校に通えるようになるには,解決

不登校の主な原因3つとは

不登校はその割合の高さから誰にでも起こりえる問題だといえるのですが
生徒はどのような事を原因として学校へ行かなくなるのでしょうか。

 

いじめなどの学校生活による不登校

まず原因のベスト3の中でもっとも多いのは学校生活におけるトラブルが挙げられ、
これは対人関係の問題や成績不振など幅広い要素があるのです。

 

特に近年ではまだ幼いころからコミュニケーション能力に著しく優れている子供が増えている一方で、他者とのコミュニケーションをうまく築くことができない子供も一定の割合でおります。

 

コミュ力の低さから仲間外れにされイジメにあったり、学校の先生とうまくいかないことも多くありますので、対人関係で抱える悩みというのは非常に心に重くのしかかってきます。

 

※当サイトは自身経験や「不登校の原因と親の対応方法のサイト」などを参考に作成しています。そちらも是非参考にして下さい。

 

また自身ではまじめに勉強していたにもかかわらず、思うように成績が上がらないことで深く思い悩んだ末に学校へ行かなくなるケースもあるのです。

 

いじめが不登校の原因の場合

 

病気などによる不登校

続いて不登校の原因ベスト3のうち2番目に多いのは
本人が抱える問題により学校へ行かなくなるケースで、病気による長期療養が挙げられます。

 

この病気とは内臓疾患などはもちろんですが、心理的な疾患による長期療養も含まれますので、
ここには学校生活でのトラウマが関わる場合もあります。

 

心身症が原因の場合

 

家庭環境による不登校

さらに不登校の原因ベスト3のうち3番目に多いのは
家庭環境の問題により学校に行かなくなるケースで、これもまた親子関係の悪化や両親の離婚などと様々な理由が挙げられます。

 

中には一切のコミュニケーションを拒否してひきこもる場合もありますが、
家族間の話し合いや第三者を巻き込んでも解決は難しいといえます。

 

また非行の場合や、先生が対応してくれない時の場合についても解説しています。

 

家庭に問題がある場合

現在の日本の不登校と自治体の取り組み

現状の日本の不登校についてや国や自治体の取り組み、支援施設の情報などを紹介しています。不登校の子供がどんな悩みを抱えているのか、それに対してどんな支援をしているのか、また、不登校を支援している機関をどうやって探せばいいかなどを書いています。実際にある横浜市のハートフルライフも例として取り上げています。

 

⇒不登校の子供の悩みと横浜市の取り組み

 

相談するときにポイントや注意点

親や兄弟、先生や施設や役所の職員に相談するとき、どんな風に相談すればきちんと悩んでいることが伝わり、相手が動いてくれるか、誤解されないための方法は何か?など相談時の注意点を紹介しています。また、スクールカウンセラーについてや、私への相談窓口も設置しています。

 

⇒親や兄弟に悩みを相談するときのポイント